香老舗林龍昇堂

〒604-8258
京都府京都市中京区三条通堀川東入 橋東詰町15
Google マップで地図を見る

営業時間:AM 9:00~PM 7:00 定休日 [日曜]

ホーム > 原材料について > 貝香

貝香かいこう/カイコウ

貝香は甲香ともいい、ホラガイ、テツボラ、ヤコウガイ等の他、タニシ属、バイ属、サザエ属等種々の巻き貝の殻口を閉じる蓋を細かく砕いたもののことである。特定の巻き貝から作られるというよりは、大型の巻き貝のものであればよいとされている。現在日本で薫香料用に貝香として利用されているのは主にアフリカ産の貝から作られたものである。

貝香自体を燃やした時に出る匂いは、貝に付着している微量の蛋白質が燃える匂いであり、あまり良い匂いとは言い難いが、保香効果があるとされており、薫香料としては広く用いられている。貝香の主成分は炭酸カルシウムであるが、炭酸カルシウム自体は燃やしても匂いはない。

医薬品としては日本で使用されることはないが、中国では炭酸カルシウムの制酸作用を期待して、胃腸薬等に使用されることもあるらしい。

Kaiko (Cuddy Shell)

The powdered operculum of large, spiral shells, delivered from Africa.

It is occasionally used as medicine to aid digestion in China as well.

オススメ商品Recommended products