香老舗林龍昇堂

〒604-8258
京都府京都市中京区三条通堀川東入 橋東詰町15
Google マップで地図を見る

営業時間:AM 9:00~PM 7:00 定休日 [日曜]

ホーム > お店便り・京都便り > お店便り > 商品をお選び頂くにあたって「福井梅を使ったお線香」編

お店便り our-information

月別アーカイブArchives

タグTags

商品をお選び頂くにあたって「福井梅を使ったお線香」編

福井梅を使った梅の香りのお線香が「梅街道」です。線香は紅梅をイメージしてえんじ色、紙箱はピンクやブルーの可愛い梅のデザインになっています。是非ともお買い求め下さい。宜しくお願い申し上げます。

「梅街道」では福井梅のピューレをふんだんに使い、天然の梅の香りを追求致しました。

福井(越前若狭)と京都を結ぶ歴史は大変古く、若狭国が朝廷に塩や海産物を納めていた飛鳥時代まで遡ります。また、福井の梅林の誕生は弊店と同じ天保年間という縁もあり、本物の福井梅にこだわって製造致しました。

かつて福井と京都を繋ぐ道は鯖街道と呼ばれていました。これからは梅が繋いでほしいという願いを込めて「梅街道」と名付けています。

梅街道 短寸(1,620円)商品ページはこちら

梅街道 6cm リーフ香立付(1,560円)商品ページはこちら

※「長寸」「紙箱バラ詰」は追って追加致します。

また、福井県の梅林や製造工程の一部を以下の通りご紹介致します。ご参考になれば幸甚です。


福井・西田の梅林。弊店と同じ天保年間に誕生。


福井梅のピューレ(品種:福太夫)。この時点ではオレンジ色をしています。


製造工程:攪拌その1。粉末状の原材料を混ぜています。


製造工程:攪拌その2。さらに梅のピューレや水を加えてしっとりし、少し粘り気が出てきています。


製造工程:攪拌その3。さらに染料を加えて混ぜています。


製造工程:成形。練り上がった原料を上からプレスして成形します。この後、規定の長さに切り揃え、十分に乾燥させたら線香は完成です。

なお、梅街道は天然の梅のピューレを用いた珍しい製法のため、通常よりも長い品質検査期間を経て商品化しています

最後に、福井県内の次の施設でも「梅街道(短寸)」と「梅街道 6cm リーフ香立付」は購入することが出来ます。

▽JA敦賀美方 梅の里会館(詳細はこちら

▽道の駅 若狭熊川宿 四季彩館(詳細はこちら

ご旅行で行かれた際やお近くの方は是非お立ち寄り下さい。

☆林龍昇堂☆