香老舗林龍昇堂

〒604-8258
京都府京都市中京区三条通堀川東入 橋東詰町15
Google マップで地図を見る

営業時間:AM 9:00~PM 7:00 定休日 [日曜]

ホーム > 商品情報 > 用途から選ぶ > ご自宅用を探す > 梅の文香(3枚入)

商品情報products

商品カテゴリCategory

人気の商品検索キーワードKeywords

商品検索Search

ご注文方法Order

ご注文はお電話、もしくはEメールにて承っております。

      
  •   
  •   
  •   
  •   

梅の文香(3枚入)Ume no Fumiko

324円(税込)

「二条城 梅だより」で得た経験やノウハウを活かし、火を使わなくても薫りを豊かに放つ御香を製造することが出来ました。それが「梅の文香」と「特製 梅の匂ひ袋」です。

世界文化遺産・二条城に生った梅の実をすり潰し、天然の白檀、丁子や桂皮などを調合したオリジナルの御香は、芳しく甘美な香りとなっております。「梅の文香」はお手紙に添えたり、便箋や封筒とともに保管して移り香させたり、「特製 梅の匂ひ袋」は小物やお召し物、箪笥に忍ばせてお使い下さい。いずれも、梅薫る時季の京の情景を思い出しながらお楽しみ頂けると大変幸甚です。

梅の花柄の透かしが入った白い和紙で出来た文香3枚入りです。
白檀の香り。(ほんのりと梅の香りも)

文香の中には粉末状の御香が入っています。保管状態にもよりますが、香りの商品ですので時間の経過とともに香りはどうしても弱くなっていきます。(保管場所が密閉された小さな空間であればあるほど香りは長持ちします。)

なお、香りの弱くなった御香を火を熾した炭の上に掛けて頂くと、御香に残っている薫り成分が燃焼し、芳しく甘美な香りを放ちます。但し、その際は火の取扱いに十分ご注意下さい。

※「梅の文香」と「特製 梅の匂ひ袋」の御香は、常温でもしっかりと香りが立つように、白檀・桂皮・龍脳といった香りの強い原材料を「二条城 梅だより」の御香に追加して製造致しました。そのため、「二条城 梅だより」と比較しますと、少し強く尖った香りになっているかと存じます。このように、常温で香りを楽しむのか、火を着けて香りを楽しむのかによって調合内容も変化させておりますので、その違いも含めてお楽しみ頂けると大変幸甚です。

※二条城の梅を使った御香はこちらでご確認頂けます。
商品をお選び頂くにあたって『二条城の梅を使った御香』編
※送料・配送はこちらでご確認頂けます。
送料・配送について
※ご注文方法やお支払い方法についてはこちらでご確認頂けます。
ご注文方法

梅の文香(3枚入)Ume no Fumiko

324円(税込)

お電話でのご注文

075-221-2874
受付 AM 9:00~PM 7:00 定休日(日・祝)
複数の商品のご注文はコチラから

数量 * Quantity
お支払い方法 * Payment
※代金引き換えをご希望のお客様は代金引換手数料260円をご負担願います。取り扱い銀行は三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行となり、振込み手数料はお客様ご負担となります。
ご注文内容確認後、振込み先をお知らせいたします。
お名前 * Name
郵便番号 * Zip Code
都道府県 * Prefecture
ご住所 * Address
お電話番号 * Telephone Number
メールアドレス * Email address
メールアドレス確認用 * Email address
メッセージ Message
ご注文者と配送先が異なる場合はその旨お申し出ください。領収書が必要な方もその旨お申し出ください。ご入金が確認でき次第、領収書を発送させて頂きます。

入力内容をご確認後「上記内容で注文する」にチェックをしてからご注文ください。また、*マークは必須項目になりますので必ずご入力くださいますよう宜しくお願いいたします。