香老舗林龍昇堂

〒604-8258
京都府京都市中京区三条通堀川東入 橋東詰町15
Google マップで地図を見る

営業時間:AM 9:00~PM 7:00 定休日 [日曜]

ホーム > お店便り・京都便り > 京都便り > 京都は葵祭でした(’18年5月15日)

京都便り information-of-kyoto

月別アーカイブArchives

タグTags

京都は葵祭でした(’18年5月15日)

本日’18年5月15日の京都は最高気温31℃の真夏日でした。

7月中旬並とのこと。

まさに真夏でした。暑かったです。

そんな猛暑の中、京都三大祭の一つ「葵祭」が行なわれました。

今年の斎王代

葵祭は上賀茂神社と下鴨神社の例祭で、毎年5月15日(雨天順延)に開催されています。今から約1,400年前に五穀豊穣を祈って始まったのが起源とされており、国家的な行事として行われてきたこともあって、王朝風俗の伝統が残る数少ない祭りだそうです。

見どころの一つは王朝衣裳を着た人々の行列ですが、京都御所→下鴨神社→上賀茂神社と約8キロにも及ぶ道のりを行進していきます。今年は暑すぎることを除いては天候にも恵まれ、たくさんの観光客の皆さんにお越し頂き、葵祭の行列を堪能して頂けたようで何よりでした。
 
詳しい沿革や祭儀、行列の説明については京都市観光協会製作の葵祭HPにてご確認下さい。
 
平安時代の衣裳といえば十二単を思い出す方も多いのではないかと思いますが、この猛暑の中で十二単を着ているシーンを想像するだけで、こちらも自然と身体から汗が出てきますね。
 
(以下、葵祭の行列の様子)

☆林龍昇堂☆