香老舗林龍昇堂

〒604-8258
京都府京都市中京区三条通堀川東入 橋東詰町15
Google マップで地図を見る

営業時間:AM 9:00~PM 7:00 定休日 [日曜]

ホーム > 原材料について > 龍脳

龍脳りゅうのう/リュウノウ(竜脳とも言う)

龍脳は、マラヤ、スマトラ、ボルネオ等の熱帯アジアに分布するフタバガキ科の常緑樹 Dryobalanops aromatica の材を水蒸気蒸留し、昇華させたのちに冷却して得られる結晶のことである。成分はほぼ純粋なd-ボルネオールである。最近は化学合成品として合成龍脳があるが、これはd-ボルネオールの立体異性体 l-ボルネオールを50%程度含んでいる。

龍脳は強い中枢麻痺作用を有し、発汗、去痰、止痛、消腫当の効果があるとされ、高貴薬として配合されることもある。

Ryuno (Borneol)

The crystalline substance derived from the evergreen tree Dryobalanops aromatica, of the family Dipterocarpaceae. Borneol is produced on the Sumatra and Borneo islands of Indonesia.

It is also used as a local anesthetic and a pain killer.

オススメ商品Recommended products