香老舗林龍昇堂

〒604-8258
京都府京都市中京区三条通堀川東入 橋東詰町15
Google マップで地図を見る

営業時間:AM 9:00~PM 7:00 定休日 [日曜]

ホーム > 原材料について > 山奈

山奈さんな/サンナ

ショウガ科の草本バンウコン Kaempferia galanga の根茎を乾燥させたものである。主な産地は中国の広西・雲南・広東の各省や台湾等。通例根茎を輪切りにしたものが流通している。インド等ではスパイスとしてカレー等に用いられることもあるが、日本では食品として利用されることはほとんどない。

白色で粉性に富み、肥えて大きく、匂いが濃厚かつ辛みの強いものが良品とされている。また、俗に「縮皮突肉:外の皮はしわしわでも中身は弾けんばかりに充実している」ものが良いとされている。

精油中に主成分のボルネオール、カンフェン等を含む。医薬品としては健胃薬として用いられることもあるがあまり利用されることは多くなく、大半が薫香料として利用されている。

San’na (Ginger lily)

The dried root of the plant Kaempferia galanga of the ginger family Zingiberaceae, ginger lily is mainly found in the southern Chinese provinces of Yunnan and Guangdong, as well as Taiwan.

As a spice, it is commonly used in Indian curries.

オススメ商品Recommended products