林龍昇堂は京都・三条堀川で、薫り良きお香を販売しています。貴方のお好きな場所で香りの花を咲かせてください。

贅沢な時間を過ごしたい

お気に入りの香りは心を豊かにしてくれます。良いことがあった日は自分へのご褒美として、ツイてなかった日は明日へのエネルギーとして、お香は貴方に寄り添ってくれることでしょう。そんな、「いつもより贅沢な時間を過ごしたい」と思った時にお勧めの3品をご紹介致します。
(その他の商品を検索するには
カテゴリー別へお進み下さい)

 

0001大内香大内香
Ouchi-ko

沈香の香り。 弊店ラインナップの中で最も沈香含有率の高い線香です。
Fragrance of Jinko/Agarwood

(7,128円)

沈香を練り込んで作った線香です。沈香の含有率が高く、沈香の香りを追求されたい方に特にお勧めです。

くも井 (菱形15ヶ入)
Kumoi

沈香の香り。
Fragrance of Jinko/Agarwood

(3,240円)

シンプルな菱形のお座敷香ですが、沈香を練り込んで作ってありますので、沈香本来の甘く落ち着いた香りをご堪能頂けるかと存じます。菱形のため、時間の経過とともに多くの香りが広がります。

0904江ノ島香(白檀)江ノ島香 (灯籠型4ヶ入)(麝香、白檀、すみれの3種類あります)
Enoshima-ko

麝香(緑)、白檀(黄)、すみれ(紫)の香り。画像は白檀(黄)。
Fragrance of Musk(green), Sandalwood(yellow), Violet(purple)

(972円)

灯籠型のお座敷香です。香りには麝香・白檀・すみれの3種類があります。灯籠型のため、時間の経過とともに多くの香りが広がります。また、灯籠に火を灯すように香りを放つので、目で見ても楽しんで頂くことが出来ます。
かつて江ノ島香は、全国的な江島信仰の広がりを受けて「江の島の『青銅の鳥居』と江島神社へと繋がる『参道』」をかたどったお座敷香として販売しておりました。しかし、「鳥居や参道に火を点けるのは如何なものか」という意見もあり、昭和初期に現在の灯籠型へ形を変えて現在に至ります。
江ノ島香-金型 (かつての江ノ島香の金型。中央が青銅の鳥居と参道をかたどったもの)

 

※(カッコ)内は税込み店頭小売価格

※送料については こちら をご参照ください。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。 TEL (075)221-2874 AM9:00~PM7:00 (除く日曜日)

Copyright © Hayashi-Ryushodo since1834 All Rights Reserved.