林龍昇堂は京都・三条堀川で、薫り良きお香を販売しています。貴方のお好きな場所で香りの花を咲かせてください。

京都のお土産として使いたい

京都のお土産として「香り」をお届けするのも雅な演出かと存じます。そんな演出にお勧めの商品をご紹介致します。お香を通じて京都の息吹を感じて頂けると幸甚です。
(その他の商品を検索するには
カテゴリー別へお進みください。)

 

0003瑞雲香瑞雲香
Zuiun-ko

沈香の香り。
Fragrance of Jinko/Agarwood

(2,851円)

天然の沈香を練り込んで作った線香です。沈香本来の甘く落ち着いた香りがします。特に沈香の香りがお好きな方にご好評を頂いております。

0913 もみじ香2京を彩る もみじ香 (菱形12ヶ入)
Momiji-ko

白檀の香り12ヶ(黄葉6ヶ、紅葉6ヶ)入り。
Fragrance of Sandalwood

(1,468円)

原材料に天然の老山白檀をふんだんに使い、京都・名刹の紅葉も練り込んだお座敷香です。白檀特有の薫り良き甘さと京都を彩る情景が融合した香りによって、皆様の生活が一層彩り、皆様に京都をより身近に感じて頂けるように、との願いを込めて製造致しました。
菱形のお香のため、時間の経過とともに多くの香りが広がります。燃焼時間:約10~15分。

0202京の花だより京の花だより (菱形6種18ヶ入)
Kyo-no-hanadayori

バラ、ゆり、白檀、ふじ、すみれ、ハスの香りの6種類。菱形のお香のため、時間の経過とともに多くの香りが広がります。
Fragrance of Rose, Lily, Sandalwood, Wistaria, Violet, Lotus

(1,188円)

京都の四季折々の花を表現しています。

0912大文字香2大文字香 (6ヶ入)
Daimonji-ko

麝香(緑)、白檀(黄)、すみれ(紫)の香りの各種2ヶ入り。
Fragrance of Musk(green), Sandalwood(yellow), Violet(purple)

(648円)

毎年8月16日に行われる京都五山の送り火の一つ、大文字山に見立てた御香です。少量ですが香炉灰を同封しております。お皿などの上に香炉灰を敷き、三つの趣ある香りをお楽しみ下さい。

 

舞妓maimai賀茂川さんぽ5舞妓maimai 賀茂川さんぽ
Maiko maimai Kamogawa-sampo

<お奨めの香り3種>
黄色 – 気持ちを高める白檀の香り (Yellow – Sandalwood)
紫色 – 気分を爽やかにするスミレの香り (Purple – Violet)
茶色 – 心を落ち着かせる沈香の香り (Brown – Jinko/Agarwood)
<香立>
舞妓maimai賀茂川さんぽ6香立かんざし赤楽香立 かんざし (陶芸家 津田友子作) (plate for incense / ornamental hairpin)

(1,944円)

※左の写真に映っている香立の下の白い受皿は付属しておりません。

 

 

舞妓maimai祇園のあかり5舞妓maimai 祇園のあかり
Maiko maimai Gion-no-akari

<沈香の香り3種>
黄・丸形(左) – 苦味と酸味のまろやかな香り
緑・丸形(中) – 酸味のあるまろやかな香り
黄・角形(右) – 奥深い苦味のある優雅な香り
<香立>
舞妓maimai祇園のあかり6香立くし赤楽香立 くし (陶芸家 津田友子作) (plate for incense / comb)

(1,944円)

※左の写真に映っている香立の下の白い受皿は付属しておりません。

 

 

二条城梅だより1二条城 梅だより
Nijo Castle Ume-dayori

梅の花をかたどったお座敷香が10枚入っています。
白檀の香り。(ほんのりと梅の香りも)

(972円)

 

二条城梅だより2

香炉灰を同封しています。香皿の上に香炉灰を敷き、その上で梅だよりをお使い頂くのがお奨めです。直接香皿に置いて使われるよりも、全体に万遍なく火が回りやすくなります。

なお、香炉灰を敷く場合でも、香皿は不燃性のものをお使い下さい。

※写真に映っている受皿は付属しておりません。

 

 

梅の文香 160225梅の文香
Ume no Fumiko

梅の花柄の透かしが入った白い和紙で出来た文香3枚入りです。
白檀の香り。(ほんのりと梅の香りも)

(3枚入り 324円)

 

梅の御香 160225「梅の文香」や「特製 梅の匂ひ袋」には粉末状の御香が入っています。保管状態にもよりますが、香りの商品ですので時間の経過とともに香りはどうしても弱くなっていきます。(保管場所が密閉された小さな空間であればあるほど香りは長持ちします。)

なお、香りの弱くなった御香を火を熾した炭の上に掛けて頂くと、御香に残っている薫り成分が燃焼し、芳しく甘美な香りを放ちます。但し、その際は火の取扱いに十分ご注意下さい。

 

 

梅の匂い袋 160225-1特製 梅の匂ひ袋
Tokusei Ume no Nihohi Fukuro

特製の梅の御香を4g程度入れた匂い袋です。お好きな色・柄をお選び頂くことが出来ます。
白檀の香り。(ほんのりと梅の香りも)

(1個 500円)

 

梅の匂い袋 160225-2

特製 梅の匂ひ袋は小箱入りのご用意もございます。京都のお土産や記念品などとして、贈答用にお考えの際には小箱入りもお洒落かと存じます。

(小箱入り1個 550円)

 

 

※「梅の文香」と「特製 梅の匂ひ袋」の御香は、常温でもしっかりと香りが立つように、白檀・桂皮・龍脳といった香りの強い原材料を「二条城 梅だより」の御香に追加して製造致しました。そのため、「二条城 梅だより」と比較しますと、少し強く尖った香りになっているかと存じます。このように、常温で香りを楽しむのか、火を着けて香りを楽しむのかによって調合内容も変化させておりますので、その違いも含めてお楽しみ頂けると大変幸甚です。

 

※(カッコ)内は税込み店頭小売価格

※送料については こちら をご参照ください。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。 TEL (075)221-2874 AM9:00~PM7:00 (除く日曜日)

Copyright © Hayashi-Ryushodo since1834 All Rights Reserved.